内視鏡検査の流れ

受付をします

来院されましたら受付をしてください。

専用の控室に案内いたします。

検査後の説明

控室でお着替えをします。

大腸内視鏡をされる方は、お着替えをします。大腸検査用のハーフパンツを履いていただきその上に検査着を着ます。
胃カメラの方はお着替えは必要ありません。
専用のロッカーがありますのでご自由に使用してください。
貴重品がありましたら、ロッカーに入れ鍵をかけ自分で管理してください。
控室にて内視鏡検査までしばらくお待ちください。

大腸内視鏡検査前はトイレのことが気になる方もいらっしゃいますが、近くに専用のトイレがあり、広くて使いやすくなっています。

内視鏡検査が始まります

内視鏡検査のスタッフが検査のお手伝いをしますので安心です。
スタッフが検査室に案内します。
胃内視鏡検査の場合、鼻か喉の麻酔を行います。麻酔が充分効いてから内視鏡検査を行います。検査時間は5~6分です。
大腸内視鏡の場合、検査時間は15~20分程度ですが、ポリープ等を切除する場合はさらに時間がかかります。
希望があれば鎮静剤の注射を行うことがあります。お申し付けください。
検査後の説明

                                                              内視鏡検査が終了しますとこの洗浄機を用いて一例ごとに                                                                内視鏡を洗浄いたします。

検査後の説明

検査が終わりましたら、診察室に移っていただき、主治医から説明をさせていただきます。

鎮静剤を投与された方はしばらく安静後に話を聞いてください。

検査後の説明